読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miruzouqの日記

Pocketのまとめをしています。後からの検索のために書いています。

Au Wallet

Au Wallet について溜まってきたので、まとめます。

Au WalletはMasterカードに対応してるからけっこう使える。 コンビニやスーパーなど。チェーン展開しているような大規模なお店なら使える。

jabo1.blog35.fc2.com

2014年まではお得でした。プレミアムチャージで5%お得になりました。

takahitokikuchi.poitan.net

じぶん銀行から5%分のバリューが付くのプレミアムチャージは月に10回までと決まっていますので、25,000円のチャージを10回行うと、25万円のチャージで、262,500円利用可能となるわけです。

Au Walletはじぶん銀行とのセットがお得。

diamond.jp

じぶん銀行

au」利用者が「じぶん銀行」の口座を保有していると、提携ATMの利用手数料がいつでも何度でも完全無料、さらに他行宛の振込手数料も何度でも無料になるというものです(ただし、提携ATMでも「ゆうちょ銀行」だけは月1回無料)。

2015年以降のAu Walletへのお得なチャージカードは

diamond.jp

条件は「MasterCardマークの全カード、クレディセゾンUCカードのVisaマークのカード」となっています。

それはAu WalletカードがMasterCardなのだからでしょう。

現時点では「ライフカード」のMasterCardブランド、「Amazon MasterCardクラシック」、「Amazon MasterCardゴールド」、「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード(TOKYU×ANA)」などはポイントが付与されます。

リボ専用カードではなく、利用したポイントを「WALLETポイント」に交換できるクレジットカードとしては、「ライフカード」のMasterCardブランドもいいでしょう。

ライフカード」の利用で貯まる「LIFEサンクスプレゼント」は、ショッピング利用金額100円につき0.1ポイント貯まります。1ポイントは5円相当ですので還元率としては0.5%。しかし、「ライフカード」は年間利用額により還元率がアップする「ステージ制」を採用しており、年間利用額が50万円を超えるともらえるボーナスポイントも魅力的です。

月約4万円くらいですかね。貯まったポイントはWalletカードに突っ込んで使うのがお得だそう。

 今回の記事では、「WALLETポイント」に交換できる還元率の高いクレジットカードを中心に選んでいますので、「WALLETポイント」に交換できなくても「au WALLETカード」にチャージでポイントの付く、「Amazon MasterCardクラシック」「SoftBankカード」もおすすめです。

こちらの記事にはライフカードは誕生日月で使うべきだと書いてあります。

nomad-saving.com

ライフカードは、カードの支払額1,000円ごとに1ポイント(LIFEサンクスポイント)が付与されます。ライフカードでの1ポイントは5円相当にあたります。還元率に直すと0.5%です。

普通に使う分なら、0.5%の還元率はあまりおすすめとはいえません。0.5%のまま使い続けてもメリットは一切なく、デメリットでしかないので、普段使いにはおすすめしません。

年間利用額が50万円になると、ボーナスポイントがもらえます。ボーナスポイントは300ポイントで、1,500円分相当になります。

レギュラーステージでちょうど年間50万円利用すると、普通にもらえる500ポイントに加えて、300ポイントが加算され、800ポイントになります。この場合は還元率0.8%ですね。ちょうど50万使うと、ボーナスポイントで0.3%も還元率が高くなります。

誕生日月はポイント5倍です。

特定の店だけポイント5倍になるのではなく、クレジットカードが使える店ならどこでもポイント5倍になります。最強すぎます!ポイント還元率に直すと2.5%と、全クレジットカード中一番になります。

誕生日月だけはライフカードを使うべき理由がお分かりいただけるでしょうか。私は毎年誕生日月になれば、他のカードは一切使わず、ライフカードだけを使います。その方が節約になりますからね〜。

待ってました!とばかりに誕生日月に、毎年10万・20万といったまとまったお金を使いまくってます!全部2.5%割引で買ってるようなものなので、使わない理由がありません。

誕生日月だけで50万円使うと、上で紹介したボーナスポイントももらえて、還元率を2.8%にすることもできます。1ヶ月50万円も使う人はそうそういないでしょうが、仕事の都合で使わざるを得ない場合もあると思うので、そんな時はラッキーですね!

主なポイント交換先を以下でまとめています。 ポイント交換先 最低交換数 レート(1ポイントあたり) ANAマイレージクラブ 300 3マイル ドコモポイント 300 5ドコモポイント WALLETポイント(auウォレット) 300 5WALLETポイント 楽天スーパーポイント 300 5楽天スーパーポイント Gポイント 300 5Gポイント ベルメゾン・ポイント 300 5ベルメゾン・ポイント

ポイントへの移行は300ポイントからできます。通常だと30万円使わないと300ポイント貯まらないですが、誕生日月だと6万円の利用だけで300ポイントまで到達します。おおむね、300ポイントで1,500円のポイントに交換できます。

60,000円で1,500円戻ってくるってすごいですよね。計算したら還元率2.5%でした。

おすすめは商品券系への交換です。現金と同じようなものを還元率高くできるのはとてもありがたいです。知っておくとお得です。

私がおすすめするブランドは、JCBです。なんといってもnanacoカードへのクレジットカードチャージでポイントが貯まるのが素晴らしいです。(VISA・Masterはチャージは可能だがポイントは貯まらない)

nanacoカードは、セブンイレブンで税金を払い時の支払い方法として使えるのが最大のメリットで、私もよく使っています。

誕生日月にnanacoカードにチャージしまくって、税金支払いに使うと、節約効果が大きいです。1枚のnanacoカードに1ヶ月20万円までチャージ可能です。誕生日月にチャージすると、2.5%の還元率で5,000円も得する計算です。

2014年5月以前なら、ライフカードJCBブランド一択でした。

au WALLET(エーユーウォレット)の登場によって、選択肢が増えました。MasterCardならauウォレットへのクレジットカードチャージで、ライフカードのポイントが貯まります。

auウォレット自体は最大10万円までしかチャージできないですが、auウォレットの残高が減ったあとにまたチャージすれば、いくらでもチャージできます。

誕生日月にチャージしまくって2.5%分のポイントを得て、auウォレットで支払いすれば、WALLETポイントが0.5%分貯まります。単純合計すると3%もお得になりますね。

2014年はじぶん銀行の「プレミアムバンク for au」がベストですが、2015年移行もauウォレットを使い続けるのであれば、ライフカードauウォレットの組み合わせは、徹底した節約のための1つの選択肢になります。

基本ポイントと誕生日月のポイント、4倍の差がありますよね。合計すると通常より5倍多くポイントをもらっています。

学生向けのライフカードもあります。

nomad-saving.com

学生専用を利用した方がいい最大の理由がこちらです。外国で利用した時にカード利用額の5%が現金で指定の口座にキャッシュバックされます。

学生専用ライフカードで、毎月の携帯料金を支払えば、抽選で毎月10人に1人Amazonギフト券500円が当たります。

10人に一人~!

学生専用ライフカードは、在学中に限り海外旅行傷害保険が自動付帯となります。死亡・後遺障害などが最高2,000万円まであります。

普段使いの場合は、学生の間はポイント還元率が1%になる「三井住友VISAデビュープラスカード」を使って、誕生日月と海外にいる時に学生専用ライフカードを使うようにすれば、無駄なくお得にそれぞれのカードの特典を受けれます。